メールでお届け!

教育関係の記事をメールでお届けしています!下記よりメールアドレスをご登録下さい。メールアドレスが登録されているかどうかの確認はこちら

@
メールマガジンへ登録しませんか?

記事の抜粋

ネットで、よく見かける話題がある。「地方国公立大学(旧帝大は含まない)と早慶のどちらに進学すべきか」という話題だ。いわゆる学歴ネタというものだ。 地方の高校教師によっては、国公立大学に進学することを勧めることもあるという。しかし、それは高校の進学実績を鑑みて結論に至った場合が多い。一方で、早慶に進学することを勧める人も当然いる。 模試の偏差値や、学歴を重視したネットの情報が高校生を惑わせる。焦点となるべきは、進学する本人だろう。つまり、高校生(受験生)がどの大学に進学したいかである。そして、大学で何をしたいかが本人にとって最も重要なことである。大学の志望校を決めることは、決まる人には一瞬で決まるものが、成績や両親の希望など様々な外部要因が絡んですぐには決まらない人も多くいる。 悩める高校生が、自分の意向に沿った大学に進学できるように、様々な角度から「地方国公立大学」と「早慶」を比較してみた。
引用元: collegino

(C)collegino

記事中のフレーズ

広告

記事中キーワードのトレンド by Google

これは、「キーワード」がGoogleでどれだけ検索されているか、表示されるものです。

タブレットまたはパソコンでご利用頂けます。

広告

ほかの記事

安藤百福さん、Googleロゴに「人生に遅すぎるということはない」

Googleは3月5日、日本の検索トップページのロゴを安藤百福(ももふく)さんをモチ...

引用元: The Huffington Post

少子化で変わる日本の学校

日本の学校は、小学校から高校まで合わせて毎年4~500校のペースで廃校になってい...

引用元: nippon.com

なぜ顔を覚えると組織が活性化するのか?

一般的な人事管理システムの場合、社員番号と名前をテキストデータで管理すること...

引用元: 東洋経済オンライン

ノーベル平和賞 マララ・ユスフザイさんの怒り

「これは数学クラスの教室。でも、もう違う。軍の塹壕になってしまった」と、学校...

引用元: HUMAN RIGHTS WATCH

アインシュタインのノートには何が書かれているのか?

アルベルト・アインシュタインといえば、一般相対性理論を含むさまざまな理論を提...

引用元: Gigazine

18歳選挙権法案 高校の主権者教育を拡充せよ

若い世代の人たちが政治に関心を持ち、積極的に参加する契機となることを期待した...

引用元: 読売新聞

テクノロジーは教育の“どこ”に効くのか?

 IT系教育サービスが続々登場し、学校でも電子黒板やデジタル教科書が導入され始...

引用元: Biz zine

「大学、全世代向けに」生涯学べる社会目指す 教育再生実行会議が提言へ

政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)が4日に安倍晋三首相に提出...

引用元: 産経ニュース

東京大学の国際化と国際競争力強化への取り組み

世界の大学ランキングのほとんどで日本国内トップの東京大学。東大のさらなる国際...

引用元: nippon.com

格差をなくすため、もっと教育予算を

日本でいま最大の問題は、義務教育段階から学力や教育機会の格差が広がっているこ...

引用元: 朝日新聞GLOBE

他の記事も探してみる

SNSでもチェック!