メールでお届け!

教育関係の記事をメールでお届けしています!下記よりメールアドレスをご登録下さい。メールアドレスが登録されているかどうかの確認はこちら

@
メールマガジンへ登録しませんか?

記事の抜粋

ネットで、よく見かける話題がある。「地方国公立大学(旧帝大は含まない)と早慶のどちらに進学すべきか」という話題だ。いわゆる学歴ネタというものだ。 地方の高校教師によっては、国公立大学に進学することを勧めることもあるという。しかし、それは高校の進学実績を鑑みて結論に至った場合が多い。一方で、早慶に進学することを勧める人も当然いる。 模試の偏差値や、学歴を重視したネットの情報が高校生を惑わせる。焦点となるべきは、進学する本人だろう。つまり、高校生(受験生)がどの大学に進学したいかである。そして、大学で何をしたいかが本人にとって最も重要なことである。大学の志望校を決めることは、決まる人には一瞬で決まるものが、成績や両親の希望など様々な外部要因が絡んですぐには決まらない人も多くいる。 悩める高校生が、自分の意向に沿った大学に進学できるように、様々な角度から「地方国公立大学」と「早慶」を比較してみた。
引用元: collegino

(C)collegino

記事中のフレーズ

広告

記事中キーワードのトレンド by Google

これは、「キーワード」がGoogleでどれだけ検索されているか、表示されるものです。

タブレットまたはパソコンでご利用頂けます。

広告

ほかの記事

東大秋入学は日本社会に影響を及ぼすか

東京大学が限定的な9月入学制度を実施することになった。日本の“内向き”な教育制度...

引用元: nippon.com

終わりがないオンラインゲーム 中高生の依存を生むきっかけは?

さまざまな種類のオンラインゲームが流行している。子どもがゲームに熱中するあま...

引用元: ベネッセ・ヘッドライン

「しまじろう」 1億人市場に商機/China

総人口が13億人の中国には、就学前の子だけでも1億人前後いる。競争意識も教育熱も...

引用元: 朝日新聞GLOBE

大阪大の推薦・AO入試 東大や京大も導入予定、世界で生き残りかけ、日本のリーダー育成目指す

ペーパーテストの点数だけにこだわらず、特色のある学生獲得を目指す推薦・AO入...

引用元: 産経新聞WEST

日本人に留学の絶好機、将来の優勝劣敗は今ここにーー「2年先主義」で目指せ日本・世界のリーダー

早めの気づき「2年先主義」が、自分に合った学校探し、英語の勉強、お金の工面など...

引用元: JB Press

学力テストが招く競争は、子供の成長につながらない

競い合えば学力が上がる。学力テストには、そんな気にさせる何かがあるようだ。「...

引用元: nippon.com

大学入試に”古文・漢文”は本当に必要なのか!?誰も使わないのに勉強させられる理由

高校時代、だれもが勉強する古文・漢文。学者になるつもりのない私にとって、古文...

引用元: collegino

大学ってなんだ?

日本の大学が激動の時代を迎えている。少子化の波にもまれ、世界規模の競争にさ...

引用元: 朝日新聞GLOBE

オンラインには提供できないリアルキャンパスの魅力 英国の伝統校で考えた

世界での知名度や難易度で英国における双璧をなすオックスフォードとケンブリッジ。...

引用元: 朝日新聞GLOBE

保護者の約7割が子どもを送迎 親子の語らいの時間にも

学校以外にも塾や習い事に通う子どもが増え、遅い時間に帰宅するケースも見受けら...

引用元: ベネッセ・ヘッドライン

他の記事も探してみる

SNSでもチェック!