メールでお届け!

教育関係の記事をメールでお届けしています!下記よりメールアドレスをご登録下さい。メールアドレスが登録されているかどうかの確認はこちら

@
メールマガジンへ登録しませんか?

記事の抜粋

ネットで、よく見かける話題がある。「地方国公立大学(旧帝大は含まない)と早慶のどちらに進学すべきか」という話題だ。いわゆる学歴ネタというものだ。 地方の高校教師によっては、国公立大学に進学することを勧めることもあるという。しかし、それは高校の進学実績を鑑みて結論に至った場合が多い。一方で、早慶に進学することを勧める人も当然いる。 模試の偏差値や、学歴を重視したネットの情報が高校生を惑わせる。焦点となるべきは、進学する本人だろう。つまり、高校生(受験生)がどの大学に進学したいかである。そして、大学で何をしたいかが本人にとって最も重要なことである。大学の志望校を決めることは、決まる人には一瞬で決まるものが、成績や両親の希望など様々な外部要因が絡んですぐには決まらない人も多くいる。 悩める高校生が、自分の意向に沿った大学に進学できるように、様々な角度から「地方国公立大学」と「早慶」を比較してみた。
引用元: collegino

(C)collegino

記事中のフレーズ

広告

記事中キーワードのトレンド by Google

これは、「キーワード」がGoogleでどれだけ検索されているか、表示されるものです。

タブレットまたはパソコンでご利用頂けます。

広告

ほかの記事

大学入試に”古文・漢文”は本当に必要なのか!?誰も使わないのに勉強させられる理由

高校時代、だれもが勉強する古文・漢文。学者になるつもりのない私にとって、古文...

引用元: collegino

「お金で釣る教育」と批判された高校 在校生「励みになる」

昨年11月、鹿児島県伊佐市の県立大口(おおくち)高校が、難関大合格者へ支給する...

引用元: dot.

高い留学費用に臆するな、実は高利回りの投資だーー初めからあきらめず、奨学金を探して不可能を可能にしよう

海外留学と言うと、お金がないから絶対無理、と最初から諦めてしまうことが多いの...

引用元: JB Press

受験するだけでも大変 教育費は高校・大学で○万円も

受験シーズンもほぼ終わり、高校や大学などへの進学準備に追われている家庭も多い...

引用元: ベネッセ・ヘッドライン

少子化で変わる日本の学校

日本の学校は、小学校から高校まで合わせて毎年4~500校のペースで廃校になってい...

引用元: nippon.com

中学1年生の最初が肝心 保護者の心得を中学受験のエキスパートが語る

中学受験に臨んだ小学6年生は入試と卒業式を終え、来たるべき中学生活の準備中だろ...

引用元: ベネッセ・ヘッドライン

デジタルで変わる 図書館へ行こう

ニューヨークに住むシャグン・マルホトラは4年前、38歳の時に新たなビジネスを自分で...

引用元: 朝日新聞GLOBE

北米に対抗、BBCもテーマパーク

今年5月下旬、英国中部の田舎町オールトンに「CBeebies(シービービーズ)ランド」が...

引用元: 朝日新聞GLOBE

ほとんどの人はネットいじめを傍観する(研究結果)

1964年、キティー・ジェノベーゼという女性がクイーンズのキューガーデン地区で刺...

引用元: The Huffington Post

MOOCがやってきた

大学の存在意義を揺るがしかねない大変革が始まっている。震源地は米国。渦の中心に...

引用元: 朝日新聞GLOBE

他の記事も探してみる

SNSでもチェック!