メールでお届け!

教育関係の記事をメールでお届けしています!下記よりメールアドレスをご登録下さい。メールアドレスが登録されているかどうかの確認はこちら

@
メールマガジンへ登録しませんか?

記事の抜粋

昨年11月、鹿児島県伊佐市の県立大口(おおくち)高校が、難関大合格者へ支給する奨励金制度を発表した。定員割れが続く同校に対し、同市が地域衰退を防ぐために決めたものだ。しかし、これが全国的に報じられると、「お金で釣る教育」などという批判が噴出した。有名な教育評論家がテレビで「史上最悪の愚策」と酷評して話題にもなった。一方、市民はどう受け止めているのだろうか。
引用元: dot.

(C)dot.

記事中のフレーズ

広告

記事中キーワードのトレンド by Google

これは、「キーワード」がGoogleでどれだけ検索されているか、表示されるものです。

タブレットまたはパソコンでご利用頂けます。

広告

ほかの記事

大学入試改革:その必要性と狙い

日本の大学入試制度と高校教育のあり方が、大きく変わろうとしている。少子化によ...

引用元: nippon.com

「良い質問」が未来をひらく? あなたの将来を飛躍させる『問題発見力』とは

私たちは様々な仕方で評価を受けています。試験では知識量や処理能力の高さを測定...

引用元: STUDY HACKER

高等教育を作り変える:創造的破壊

コスト危機、労働市場の変化、そして新たな技術が、古い教育制度をひっくり返すだ...

引用元: JB Press

学生が”国連”で働くためにはどうすればいいですか?

もし将来、国連で働くには一体何をするべきなのだろうか?昨今の日本社会ではグロ...

引用元: collegino

「学力低下」論争と「ゆとり」教育を検証する

1990年代末、日本の子どもたちの「学力低下」が問題視され、大きな論争が起こった...

引用元: nippon.com

学力テストが招く競争は、子供の成長につながらない

競い合えば学力が上がる。学力テストには、そんな気にさせる何かがあるようだ。「...

引用元: nippon.com

外国人の子どもの高校進学支援 研究チームが冊子

日本語能力が十分でない外国人の子どもたちに高校進学の機会を広げる入試制度を兵...

引用元: 神戸新聞NEXT

大学進学は「私事」の認識 中澤渉・大阪大准教授

日本は他の先進諸国と比べ、大学などの高等教育にかかる教育費への公的支出(公教...

引用元: 読売新聞

オンラインには提供できないリアルキャンパスの魅力 英国の伝統校で考えた

世界での知名度や難易度で英国における双璧をなすオックスフォードとケンブリッジ。...

引用元: 朝日新聞GLOBE

大学が生き残るために

インドネシアの首都ジャカルタにあるダルマ・プルサダ大学は、日本への留学経験があ...

引用元: 朝日新聞GLOBE

他の記事も探してみる

SNSでもチェック!