メールでお届け!

教育関係の記事をメールでお届けしています!下記よりメールアドレスをご登録下さい。メールアドレスが登録されているかどうかの確認はこちら

@
メールマガジンへ登録しませんか?

記事の抜粋

私たちは毎日の生活のなかで絶えず言葉に接しています。家族や友人知人と交わす朝の挨拶や雑談から始まり、新聞や雑誌を読むとき、あるいはテレビを見たりラジオを聞くときに、また携帯電話で話すときや手紙を書くとき、そして勉強や仕事をするときにも、私たちは言葉に接しています。言葉がなければ世の中の動きを知ることも、他の人々と過不足なく意思を伝え合うこともできません。日々絶えず言葉の世話になっているという点では、全く一人でいるときも変わりがありません。そのようなとき、私たちは自分自身と言葉を交わしているからです。
引用元: 論文教育センター Globe

(C)論文教育センター Globe

記事中のフレーズ

広告

記事中キーワードのトレンド by Google

これは、「キーワード」がGoogleでどれだけ検索されているか、表示されるものです。

タブレットまたはパソコンでご利用頂けます。

広告

ほかの記事

大学改革と教育基本法改正で、日本の教育は復活するか

文部科学省の事務次官として教育基本法改正に携わり、退官後は山形大学学長として...

引用元: nippon.com

五輪に向け 平和の大切さなど学ぶ教育を

オリンピックやパラリンピックを通して平和の大切さなどを学ぶ教育を2020年の...

引用元: NHK NEWS WEB

なぜ日本では「産後離婚」が多いのか?

 結婚以来円満だった夫婦関係が、子どもの誕生を機に急激に悪化してしまう――。「産...

引用元: 東洋経済オンライン

学生が”国連”で働くためにはどうすればいいですか?

もし将来、国連で働くには一体何をするべきなのだろうか?昨今の日本社会ではグロ...

引用元: collegino

人権ウォッチ:子どもについての良い知らせ…と、悪い知らせ

私は同僚とともに、これまで数百人の子どもから話を聞いてきました。子ども兵とし...

引用元: HUMAN RIGHTS WATCH

同性愛について語ろう!日本社会を見て留学生が考えたこと

「日本では、同性愛という概念自体の存在が否認されている。それに納得できません...

引用元: 東京大学新聞オンライン

「間違えず」より創造性 「起業と大学教育」シンポ

新たなビジネスを創出できる人材の育成について議論する大学改革シンポジウム「起...

引用元: 日本経済新聞

増えたはずが本当は減っている? 「地方教育費」の本当のところ

財政事情が悪化すると冷遇されやすいのが教育費。しかし、2009(平成21)年度には...

引用元: ベネッセ・ヘッドライン

高等教育を作り変える:創造的破壊

コスト危機、労働市場の変化、そして新たな技術が、古い教育制度をひっくり返すだ...

引用元: JB Press

「どこに勤めるか」でなく、「何をしたいか」

 いい大学に入り、いい会社に入っても、一生安泰の保証はない。これからの時代は、...

引用元: 東洋経済オンライン

他の記事も探してみる

SNSでもチェック!