メールでお届け!

教育関係の記事をメールでお届けしています!下記よりメールアドレスをご登録下さい。メールアドレスが登録されているかどうかの確認はこちら

@
メールマガジンへ登録しませんか?

記事の抜粋

米大統領のバラク・オバマと夫人のミシェルが、予告なくホワイトハウスから出かけるときがある。 大統領の同行記者団も車を連ねて行くのだが、そんな「サプライズ訪問」先の一つが、長女マリア(11)と次女サーシャ(8)が通う私立校シドウェル・フレンズ・スクールだ。 5月のサプライズ訪問は、ホワイトハウスから車で15分ぐらいの市街地にあるキャンパス。大統領夫妻が父母懇談に出席するためだった。
引用元: 朝日新聞GLOBE

(C)朝日新聞GLOBE

記事中のフレーズ

広告

記事中キーワードのトレンド by Google

これは、「キーワード」がGoogleでどれだけ検索されているか、表示されるものです。

タブレットまたはパソコンでご利用頂けます。

広告

ほかの記事

オバマ大統領:「対テロ教育必要」…若者の洗脳防止

オバマ米大統領は18日、米政府がワシントンで開催中の「暴力的過激主義対策(C...

引用元: 毎日新聞

現場に任せPISAトップに 学校に裁量、教師にやる気/Finland

径済協力開発機構(OECD)の学習到達度調査(PISA)で、常に成績トップのフィンラ...

引用元: 朝日新聞GLOBE

「中国語を学んでも給料の高い仕事に就けない」アメリカの学生、中国留学へ関心低下

米国では過去数年、中国に留学して中国語を学ぼうとする学生の数が大幅に減少して...

引用元: The Huffington Post

脱“ゆとり教育”の行きつく先は?

日本の初等中等教育は、よく振り子にたとえられる。ゆとりと詰め込みの間を行った...

引用元: nippon.com

「言語の格差」の国では英語学習に細かな支援/Canada

「多文化主義社会」を掲げるカナダ。太平洋に面するブリティッシュコロンビア州バ...

引用元: 朝日新聞GLOBE

20代・30代にMBAがなぜ必要なのか?

20代、30代の社会人の中には、MBA(経営学修士)に関心を寄せている人はたくさんい...

引用元: 東洋経済オンライン

「恋愛対象」を選り分ける脳の冷徹なカラクリー勝ち負けは一瞬で決まる!

長らく謎に満ちてきた人間の脳の活動と働き。ところが、最新の脳科学は不可能を可...

引用元: 東洋経済オンライン

同性愛について語ろう!日本社会を見て留学生が考えたこと

「日本では、同性愛という概念自体の存在が否認されている。それに納得できません...

引用元: 東京大学新聞オンライン

YouTube動画を見て自分で学習するロボットが登場

映画「ターミネーター」のスカイネットのような、超強力な人工知能の隆盛に不安を...

引用元: IT Pro

丸暗記は悪者ではない! 丸暗記は効果抜群の勉強法だった!

世の中には大まかに言って2つのタイプの勉強法がある。〈丸暗記〉派と〈全体像をつ...

引用元: STUDY HACKER

他の記事も探してみる

SNSでもチェック!