メールでお届け!

教育関係の記事をメールでお届けしています!下記よりメールアドレスをご登録下さい。メールアドレスが登録されているかどうかの確認はこちら

@
メールマガジンへ登録しませんか?

記事の抜粋

日本でいま最大の問題は、義務教育段階から学力や教育機会の格差が広がっていることだ。これに対応するには、基本的に三つの道がある。 一つは、米国のように自己責任と市場原理を基本とし、格差や貧困には慈善的な救済策で対応する方向だ。オバマ政権はこれを一部修正しようと、都市部の貧困層などを中心に公教育の改善・充実を目指している。大きな転換であり、容易ではないだろうが、期待はしたい。 二つ目は、北欧型の「高負担・高福祉社会」だ。国民が高率の税金を払い、子どもはみな地元公立校に通って最善の教育を受けられるフィンランドが成功例といえる。 三つ目は、上記の中間をとった「中負担・中福祉の社会」。第三の道を掲げたブレア政権以降の英国やドイツが代表的で、他の西欧諸国もこれに向かいつつある。
引用元: 朝日新聞GLOBE

(C)朝日新聞GLOBE

記事中のフレーズ

広告

記事中キーワードのトレンド by Google

これは、「キーワード」がGoogleでどれだけ検索されているか、表示されるものです。

タブレットまたはパソコンでご利用頂けます。

広告

ほかの記事

Appleが学校用iPadをApple ID不要で使える「教育プログラム」を計画中

学校の生徒たちがApple IDなしでiPadを使えるようになるiPad向け教育用プログラム...

引用元: Gigazine

MOOCがやってきた

大学の存在意義を揺るがしかねない大変革が始まっている。震源地は米国。渦の中心に...

引用元: 朝日新聞GLOBE

「MDMって何? 安心・安全、効率的なタブレット運用に欠かせないもの」

ここ数年で教室へのタブレット導入が急激に進んでいます。大学や私立高校はもちろ...

引用元: ICT E-NEWS.NET

高等教育を作り変える:創造的破壊

コスト危機、労働市場の変化、そして新たな技術が、古い教育制度をひっくり返すだ...

引用元: JB Press

自分で留学計画を立案 高校生向け「トビタテ!留学」プログラムの狙いとは?

文部科学省が実施する、官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プ...

引用元: ベネッセ・ヘッドライン

「恋愛対象」を選り分ける脳の冷徹なカラクリー勝ち負けは一瞬で決まる!

長らく謎に満ちてきた人間の脳の活動と働き。ところが、最新の脳科学は不可能を可...

引用元: 東洋経済オンライン

なぜ顔を覚えると組織が活性化するのか?

一般的な人事管理システムの場合、社員番号と名前をテキストデータで管理すること...

引用元: 東洋経済オンライン

日本の教育の価値を考える “Think different”

「この国のあらゆる社会階級は比較的平等である。金持ちは高ぶらず、貧乏人は卑下...

引用元: nippon.com

五輪に向け 平和の大切さなど学ぶ教育を

オリンピックやパラリンピックを通して平和の大切さなどを学ぶ教育を2020年の...

引用元: NHK NEWS WEB

お局様より断然怖い!職場を乱す「側近女子」 ー新任上司は、現場でどう振舞うべき?

人事異動の季節がやってきました。この時期になると、みんながソワソワする職場の...

引用元: 東洋経済オンライン

他の記事も探してみる

SNSでもチェック!